電話対応時間
平日18:00-21:00
店舗営業日
土日祝10:00-18:00

※DOG SHOWの場合臨時休業あり

メールでのお問合せはこちら

遺伝性疾患についての考え方

こちらでは私の遺伝疾患についての考え方のついて

記載したいと思います。

私がブリーディングを始めた10年前、若年性白内障や

門脈シャント、巨大食道症で苦しむ飼い主さんやシュナウ

ザーを目の当たりにして、私が遺伝病をなくすブリーダー

になる!!と意気込んでブリーディングを始めました。

アメリカに行き、話をする時はいつも鼻息あらく

熱弁していたものです 苦笑

当時の私は少しの遺伝に起因する欠点でも神経質になり、ブリーダーに質問

していました。

そんなある時、”HIROMI 命あるものなのだから、すべての欠陥を排除する事は

出来ないんだよ?人間でも同じだろ?大切なのは命に係わるものから順番に

ブリーダーが順位をつけてコントロールすることなんだよ” と。。

それから自分の繁殖を通して学んだ事が沢山ありました。

 

良く”雑種は丈夫!”なんていう都市伝説がありますが、遺伝病をコントロールすると

いう事ってどういう事なんでしょうか?

 

まず人間の場合、基本的に”近親結婚”という事は殆どありません。

しかしながら犬や馬の場合、サラブレット、良い犬を作るためには

血液を濃くするいわゆる近親結婚(ラインブリードやインブリードといわれるもの)

を犬種標準を重視するブリーダーは行います。

このインブリード ラインブリードとは、良い犬を近い血液で交配する事により

良い姿形のものが出やすくなりますし、姿かたちも親犬に似て安定すると

言うメリットがあります。

でもここで注意しなくてはいけないのは、良いものも引き継ぎやすいぶん

悪いものも色濃くでる場合はある。

という事です。

ですから、遺伝疾患に関しては細心の注意をはらい、コントロールすることが

ブリーダーとして必要なのです。

 

では ”雑種は丈夫!!!” でしょうか?

血を濃くしていないからペットショップで売られている犬の方が安心でしょうか?

答えはNOです。

ある時、これもアメリカでのブリーダーとの会話からなのですが、私が菜々のパパの

ブリーダーと菜々の交配相手に関して相談した時の話です。

彼とは違う血液のラインの○△のオスを交配したいと相談しました。

そうすると、彼は菜々のラインが持っている白内障のラインをPRAを過去に発症

しているラインと混ぜるのは、今後のコントロールが難しくなる。

相手の血液や過去の遺伝疾患のデーターを考えずに、別の遺伝疾患をラインに

混ぜてしまうのは、とても危険な事なんだよ。

と。。。

ここから教わる事は、どんなバックグラウンドの遺伝疾患や病気を持っているか

わからない犬は純血種でも雑種でもリスクがある。

そしてペットショップで流通されている多くの子は

ペットショップの販売員がその親犬や先祖犬の情報を知らない為

どのようなリスクがあるか飼い主に説明できない。

という事です。

 

このわんちゃんは健康ですか?と質問すると

100%”健康ですよ!!”という返事が返ってくるでしょう。

その言葉を信じる事ほど飼い主様にとっては容易いことはありません。

そんな簡単な言葉にどうか騙されないで下さい。

これから迎える仔犬ちゃんと飼い主様との生活は15年は続くのですから。

 

ブリーダーにとって一番大切な事は、人間で産み出す純血種の交配には

できうる限りのデーターの収集と譲渡した仔犬達の行く末をしっかりと見届ける事です。

 

そして飼い主様にとって大切な事は、きちんとしたブリーダーから

犬を迎えるという事と、今後のブリーダーの為に、適切な環境と管理で

犬の健康を維持し、ブリーダーに仔犬の情報を提供する事が

未来、遺伝疾患で苦しむわんちゃんや殺処分されるわんちゃんが

減るという事につながる事になります。

 

近年、【遺伝疾患】【健康診断実施】【シリアスブリーダー】というワードが普及して

ブリーダーの中には、そのワードを”売り”で商売する方も見受けられるようです。

本当に検査をしているのか?どんな検査をしているのか?

しっかり確認を行い妥協しない事が、お迎えするわんちゃんに対しての

飼い主様の安心度に繋がりますね(^^)

 

 

2017年 6月 植木 弘美

 

 

 

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6962-1186

※携帯電話に転送される場合有
※DOG SHOWの場合臨時休業あり

電話対応時間
平日18:00-21:00
店舗営業日
土日祝10:00-18:00

出産予定日

2017年12月中旬~下旬

日本&アメリカで数々の優秀な成績をおさめた“愛菜”今回2回目の出産で最後の出産(予定)となります。
2018年は出産の予定はありません。
次回は2019年夏以降に
菜月の仔犬を予定しています。

仔犬情報

2017年12月更新予定

ご予約は受付中です。
仔犬譲渡確認書を確認頂き
同意いただける方に限り
仔犬問い合わせフォームより
問い合わせ願います。

トリマーさん募集中

Cherry Field

Hiromi Ueki

ブリーダー歴はまだ10年ほどですが、2007年秋にアメリカンミニチュアーシュナウザークラブに加入後、アメリカのシュナウザーのシリアスブリーダーと連携し、心をこめて未来に繋ぐ、健康で性格の良いシュナウザーの繁殖を心がけております。
 

お問合せはこちら

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
06-6962-1186