電話対応時間
平日18:00-21:00
店舗営業日
土日祝10:00-18:00

※DOG SHOWの場合臨時休業あり

メールでのお問合せはこちら

若年性白内障

眼の中でレンズの役割をしている水晶体が白濁する疾患。

先天性→若年性→老年性 の白内障がありますが、

ここで問題視するのは先天性と若年性の遺伝起因が大きく作用するものです。

当然ですが、ブリーダーはこの疾患が発症した犬は繁殖ラインから外すべきです。

シュナウザーに多く見られる眼疾患で、アメリカのシリアスブリーダーのシュナウザーと

交配を希望する場合の多くは、アイチェックの(眼に疾患がないという証明書)提示が

必要になります。

★産まれて2~3週間もすれば仔犬の目が開きます。その時は少しに濁ったような色をしているのですが1か月もしてしっかり目で物を追うようになればしだいに綺麗な澄んだ瞳になります。

ところが生後半年くらいしても白濁した様子で、よ物の動きに反応が薄い場合は

先天性の白内障の可能性があります。

 

若年性白内障は周囲に発症しているデーターを総合すると、2~3歳くらいで発症

する子が多いように思います。

片目の子もいますし、両目の子もいます。

若年性白内障を発症してしまうと、急速に水晶体が白濁する場合が多く、

早期に発見する事により、手術の成功率も上がるようです。

ただ、手術には高額な費用がかかる事と、術後の生活も制限される事、

手術をしても白濁が将来的に発生しないという保証はないため

手術をするかどうかは飼い主様がしっかりと獣医師と相談し決断する事が必要に

だと考えます。

白内障は目に炎症を起こす場合も多く、緑内障が併発する場合もあるので

必ずしっかりとした眼科の先生に診てもらうようにしましょう。

以前うちのシュナ達がアイチェックをっ実施して頂いている、眼科の先生が、

白内障は歳をとると殆どの子がなるというわけではなく、白内障にならない子も

沢山いるという事です。

後天的なものはストレスや外傷、紫外線を多く浴びたり、さまざまな原因があると思います。

もし白内障になってしまった場合は、家の中の障害物をなるべく減らして、わんちゃんが

快適に過ごせるように環境を整えてあげて下さいね。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6962-1186

※携帯電話に転送される場合有
※DOG SHOWの場合臨時休業あり

電話対応時間
平日18:00-21:00
店舗営業日
土日祝10:00-18:00

出産予定日

2017年12月中旬~下旬

日本&アメリカで数々の優秀な成績をおさめた“愛菜”今回2回目の出産で最後の出産(予定)となります。
2018年は出産の予定はありません。
次回は2019年夏以降に
菜月の仔犬を予定しています。

仔犬情報

2017年12月更新予定

ご予約は受付中です。
仔犬譲渡確認書を確認頂き
同意いただける方に限り
仔犬問い合わせフォームより
問い合わせ願います。

トリマーさん募集中

Cherry Field

Hiromi Ueki

ブリーダー歴はまだ10年ほどですが、2007年秋にアメリカンミニチュアーシュナウザークラブに加入後、アメリカのシュナウザーのシリアスブリーダーと連携し、心をこめて未来に繋ぐ、健康で性格の良いシュナウザーの繁殖を心がけております。
 

お問合せはこちら

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
06-6962-1186